名(迷)所

大月海水浴場跡

更新日:

大月海水浴場跡

今はコンクリートの土台跡が残る

昭和42年から平成の初め頃まで大月海水浴組合で営業。

開業の2年ほど前に羽越線の複線化のためのトンネル工事が着工され、排出した土砂を付近に捨てたというので、その時に出来た平地が利用されたのかもしれない。

地元とはいえ、海水浴場と当時の子どもたちが泳ぐために決められた場所は異なっていたので、ここで泳いだ記憶は無い。

当時はもっと広い砂浜があったはずだが、今見る限り、良くこの狭い場所で海水浴場を営業していたと感心してしまう。
国道と海の間の小さな土地に休憩所、食堂、トイレ、シャワー室などが立ち並び、残りの場所は駐車場となった。

遠い記憶の中で、沢山の人で賑わう砂浜、途切れることのない国道の車列、友達と警戒しながらも訪れた時に、村のおばちゃんに食べさせてもらったラーメンの記憶が残る。

営業を辞めた後もしばらくはトイレなどの建物があったが今ではコンクリートの土台だけが残る。浜辺には釣り人がルアーで魚を狙う姿が見られる。

実は付近は海沿いの国道が作られる昭和40年頃まで墓地として利用されていた。稀に砂の中から墓石が顔を覗かせる珍スポットだったりする。

イベント報告

2020/11/29

未来につなげる新しい風 一泊二日 地域と大学生の交流の場

イナカレッジさんと協力し、若者を受け入れ 11月14・15日、地域と若者 ...

イベント報告

2020/10/27

今年のラストは過去最多人数!第6回クリーン作戦

10月18日、オレモオメモの第6回上海府クリーン作戦を開催しました。 今 ...

お知らせ

2020/09/29

参加者募集 第6回 上海府クリーン作戦実施します

第6回のボランティアを募集 オレモオメモでは、上海府地区の道路や浜辺、空 ...

イベント報告

2020/09/25

感染症対策もばっちり!第5回クリーン作戦

9月20日、オレモオメモの第5回上海府クリーン作戦を開催しました。 今回 ...

-名(迷)所
-,

Copyright© オレモオメモ , 2021 All Rights Reserved.